戻る TOPページへ戻る
尾北ホームニュース 特集


~H29年11月10日号掲載~

 個別指導 あおい学院 シリーズ29
あおい学院ってこんな塾。

高校の受験校の決め方

生徒が100人いれば100通りの勉強の仕方があります。 問題の解き方、考え方、説明の仕方、すべて違って当たり前です。 勉強とは「個別」でするもの。 体感してください。

いよいよ中学3年生は、受験校を決める時期となりました。愛知県は多くの生徒が公立高校を第一志望としますが、名古屋を中心に私立高校を第一志望にする方も増えてきているのが現状です。まず考えるのは「大学に行くのかいかないのか?」です。すると、公立高校でも大学受験に力を入れているか、そうでないかを調べていくことになります。大学受験に力を入れているかどうかは「国公立大学の合格実績」から判断します。多い学校は当然を力を入れています。私立高校は生徒数が公立高校より少ないので、人数ではなく合格率で判断しましょう。公立高校で国公立大学の合格人数が100人を超えるようであれば、生徒全員が国公立大学を目指す状態といっていいでしょう。40〜50人くらいの高校は、上位層が国公立大学を目指す高校です。入学してからは結構勉強する高校といえるでしょう。10人前後以下の学校は基本的に「進学校」ですがその大半は私立大学への進学を目指します。高校としても「大学を目指しましょう」くらいになるのでそれほど勉強で追い込まれることはありません。私立高校では、いわゆる「進学クラス」「普通クラス」(最近は各学校でコースの名前が違いますが)で自分が受けようとする高校のコースがどのくらいの進学率か、を見るとよいでしょう。愛知県は複合選抜制なので、さらに公立高校・私立高校の併願を決める必要もありますし、実際私立高校の合否で公立高校を考える必要もあります。もし志望校の決定について不安がありましたら、塾生でなくてもご相談には乗りますので、お気軽にご連絡ください。


 シリーズ
個別指導 あおい学院  勉強とは「個別」でするもの。10000人のカリキュラム!
 スタイル・ラボ らくやせシェイプアップ教室 
高木石材通信 お墓のミニ知識 
(株)松屋佛壇店  知多四国八十八ヵ所霊場 ・ 仏像 ・ 郷土の寺院

 その他
愛知県行政書士会 尾北支部  愛♡住まいる尾張老人ホーム・介護施設紹介センター 
アロマハウス 「ブリスジョワ」   シンガー歌謡体操教室 ㈱ホワイトベアーパソコン教室 
手作りパン ひまわり スポルト江南  いぬやま終活の会