HOME YouNet-TOP

季節に合わせた養生薬膳 ・・・(29.04.21~)

日々の養生は元々、「古代の人が病気をせずに生き延びるための知恵で、環境と共存する方法」です。ですから食事においても、移り行く季節に合わせた食べ方をすることがとても大切なのです。このシリーズでは、旬の食べ物の効能を知り食品バランスを考えた「二十四節気のレシピ」を紹介していきます。1食のエネルギー量600〜700Kcal、塩分は2〜3g。P(タンパク質)F(脂質)C(炭水化物)バランスに沿ったレシピです。
(紙面の一部を紹介)

 ~執筆者プロフィル~
◇養生薬膳&レシピ分析
竹内 郁子 さん(左) 全日本薬膳食医情報協会薬膳教育認可施設「元気幸房」主宰 国際中医薬膳師 管理栄養士
◇料理レシピ&写真
宮坂 康子 さん(右) ミヤサカ クッキング スタジオ代表 名古屋文理大学健康生活学部フードビジネス学科講師 国際中医薬膳師


 「立夏と小満」(H29.04.21掲載)
今回は二十四節気を、立夏と小満、芒種と夏至、小暑と大暑、立秋と処暑、白露と秋分、寒露と霜降、立冬と小雪、大雪と冬至、小寒と大寒、立春と雨水、啓蟄と春分、清明と穀雨の12に分けて取り上げていきます。今年の立夏は5月5日から20日までで、暦の上では夏になります。「もうすぐ夏がやってくる」という気配を感じられる頃を指します。春分と夏至の中間にあたり、1年で一番過ごしやすい季節です。小満は5月21日から6月5日までをいい、あらゆる生命が次第に成長して、天地に満ちていく時期を指します。これらの時期は春の気が終わって、爽快な夏の気となって立ち始めます。生長の夏に向けて十分な血と気(エネルギー)を補うためにカツオは最適な食材です。高たん白質・低脂肪で血合いの部分にはビタミンA・B1・B2・B12・D・鉄分などが多く、栄養価の高さはレバー並みと言われます。豚ハツもたんぱく質・鉄分が多く、亜鉛・リンも多く含み血を増やす働きがあり、人参も養血作用があります。

・・・続きは紙面をご覧ください